口唇ヘルペスで顔に痛みが出ることはあるのか?

口唇ヘルペスで顔に痛みが出る画像

 

口唇ヘルペスについては、初めて感染して発症したような場合だと、大人は特に重症化しやすいので顔に痛みが出るという症状が出る人もいますが、再発した人の中にも顔に痛みが出るような人もいます。

 

口唇ヘルペスで顔に痛みが出るとは思わない人も多いので、顔面神経痛などの深刻な症状を考える人もいますが、基本的に顔面神経痛については、運動神経に障害が発生する症状で、痛みが出るような知覚神経ではないので勘違いしないようにしましょう。

 

では顔に痛みが出るということと、口唇ヘルペスにはどのような関係があるのでしょうか?

 

まず口唇ヘルペスはウイルス性の病気だということを理解しておくと分かりやすく解説できると思います。

 

口唇ヘルペスのウイルスが顔の傷口に侵入するとそこから感染する!

 

口唇ヘルペスは感染力の強いウイルスなので、顔に傷ができてしまってそこからウイルスが侵入します。すると顔に痛みがでることがあります。

 

例えば、口唇ヘルペスがある状態で、歯の治療を行って歯を抜いたりすると、口唇ヘルペスのウイルスが歯を抜いた傷口から顔に侵入して痛みを広げることがあります。

 

つまり口唇ヘルペスのウイルスは口唇以外にも感染経路を広げる可能性があり、そのことによって痛みが発生するということです。

 

基本的に口唇ヘルペスの症状が収まれば顔の痛みも消えると思うのでそこまで心配する必要はないです。

 

実際に顔に痛みが出ると不安に感じる人もいますが、病院に行くと錠剤や軟膏が処方されるので、それを使えばあっさりと治ってしまいます。

 

口唇ヘルペス自体はそこまで深刻な症状が出るウイルスではないですが、口唇以外の色々な場所に感染するので、口唇ヘルペスが発症しているような場合には、できるだけ傷口などから他の部分に感染しないように気をつけた方がいいかもしれないですね。

口唇ヘルペスで顔に痛みが出るくらい悪化させないために予防が重要

口唇ヘルペスで顔に痛みが出るくらい悪化させないために予防が重要画像

 

口唇ヘルペスウイルスによって顔の神経がやられてしまうと、顔に結構な痛みが出たりするので非常に深刻に感じるかもしれないですが、顔にまで痛みが出るようなら一応医師の診察を受けるようにするといいです。

 

まあ、口唇ヘルペスで顔にまで痛みが出ることは多くは無いと思いますので、普段の治療については口唇ヘルペスの市販薬を利用すれば十分だと思います。

 

口唇ヘルペスは再発しやすいウイルスなので普段からしっかりと予防することが大事になってきます。

 

しっかりと予防できていれば口唇ヘルペスのウイルスが顔の神経にまで入り込んで悪化させることはないので、普段からしっかりと予防していくことが大事になります。

 

基本的には口唇ヘルペスは免疫力が低下しているような場合に発症するので、健康維持が一番の予防法なのですが、最近では口唇ヘルペスの予防に対応したサプリが出ているので、口唇ヘルペスの再発を繰り返しているなら利用を検討してみるのもいいと思います。

 

病院では口唇ヘルペスの症状を治療する薬や軟膏は処方してくれますが、予防薬は処方してくれないので自分なりのケアが必要になります。

 

ヘルペスの予防専用の商品はトップページを参照

 

ヘルペスの予防専用のサプリの詳細はトップページから

 

このエントリーをはてなブックマークに追加