子供が口唇ヘルペスに感染する原因とは

子供が口唇ヘルペスに感染する原因と画像

 

子供が口唇ヘルペスに感染するの?と思う人もいますが、基本的に口唇ヘルペスはウイルスなので誰にでも感染してしまいます。

 

ヘルペスと聞くと何となく性感染症のようなイメージを持っている人もいますが、ヘルペスの感染経路は色々で、食器の使いまわしやタオルの使いまわしなどで普通に感染してしまいます。

 

また、一度感染すると一生治ることはないので、周りにヘルペスに感染している人がいる場合には、普通に生活している間に感染してしまう可能性はありえます。

 

特に家族にヘルペスの感染者がいる場合には、ヘルペスの症状が出ている時には特に食器やタオルを使いまわさないように気をつけることが大事になってきます。

 

とは言っても家族にヘルペス持ちの人がいるとどうしても子供も感染してしまう可能性があるので、なかなか普段から感染予防をするのが難しい場合もあると思います。

 

実際に免疫力が弱い子供の場合だと、3歳くらいの乳幼児に大人が感染させてしまうことが多く、箸やスプーンの使い回しによって感染させてしまうことが多いようです。

 

基本的に子供の場合には食器やタオルなどの使い回しが原因になることが多いので、そのあたりを気をつけるようにすると感染予防につながっていくと思います。

ヘルペスはアトピー性皮膚炎があると重症化する!

ヘルペスはアトピー性皮膚炎があると重症化画像

 

口唇ヘルペスなどのヘルペス自体はそこまで強いウイルスではないので、普通の場合だったらそこまで重症化することは多くないですが、アトピー性皮膚炎の子供の場合だと重症化する可能性もあります。

 

アトピー性皮膚炎のある子供は体の抵抗力が強くないので、ヘルペスウイルスがアトピー性皮膚炎の症状が出ている所に水ぶくれとして広がってしまう可能性があります。

 

ヘルペスウイルスは強くはないですが、感染力が強いので体の抵抗力が強くない場合には症状が表に出やすくなるので、子供でアトピー性皮膚炎を含めた皮膚疾患などがあると症状が体に広まってしまう可能性があるので注意しましょう。

 

幼児の場合にはあせもオムツかぶれなどがあるとそこからウイルスが侵入してしまうこともあるので、家族に口唇ヘルペスなどがあるような場合にはしっかりと普段から移さないようにケアすることが大事です。

子供の口唇ヘルペスの治し方はどういった方法があるの?

子供の口唇ヘルペスの治し方画像

 

子供の口唇ヘルペスを治す際には、最初に発症が確認された場合はとりあず医師に見せるようにするといいと思います。

 

場合によって口唇ヘルペスではない可能性もあるので、とりあえず最初は医師に見せるようにして、そこで口唇ヘルペスと診断されたら薬が処方されるのでそれで治すようにするといいと思います。

 

基本的に子供の口唇ヘルペスの症状は、大人が初めて発症するケースよりも症状が軽い場合が多いので、そこまで症状の重症化を心配することはないと思います。

 

ただ上記のようにアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患がある場合には重症化の可能性があるので、しっかりと医師に見せて対処方法を指南してもらうといいと思います。

 

子供の口唇ヘルペスについては普通に医師から処方される薬で治すことができるので、そこまで治し方で困る事はないです。

 

それよりは予防の方が大事になってきます。

 

子供の学校での生活を考えると、学友に口唇ヘルペスを感染させないためにも普段から健康管理には気をつける必要があります。

 

口唇ヘルペスは免疫力が低下しているような場合に症状が再発したりするので、しっかりと予防ができていれば、ヘルペスの症状が表に出てくることはないです。

 

最近ではヘルペス予防に特化している商品があるので、普段から利用して子供のヘルペス予防に利用してはどうでしょうか。

 

ヘルペスの予防専用の商品はトップページを参照

 

ヘルペスの予防専用のサプリの詳細はトップページから

 

このエントリーをはてなブックマークに追加