口唇ヘルペスとニキビの違いを知ろう!

口唇ヘルペスとニキビの違い画像

 

口唇ヘルペスとニキビはどちらも肌のできものという意味では共通する部分がありますが、まったく違うものなんですよね。

 

何となく見た目からするとそこまで大きな違いがないように見えるので、人によっては口唇ヘルペスをニキビと勘違いして何も対処してないという人もいるかもしれないですね。

 

そもそも口唇ヘルペスとニキビは発生する原因自体がまったく違うので、しっかりとした対処方法をしないと非常にまずいです。

 

口唇ヘルペスの場合にはニキビと違って人から人へ感染するので、口唇ヘルペスだと知らずに生活していると、いつの間にか口唇ヘルペスを他人に移しているということもありえます。

 

しかも口唇ヘルペスは一度感染すると完治することはないので相手に移してしまったら取り返しがつかないです。

 

まずは口唇ヘルペスとニキビとの違いについて知っておきましょう。

 

ニキビは唇にはできない

 

ニキビは毛穴にアクネ菌というものが増殖して発生するものだというのは非常に良く知られていることですよね。

 

ニキビは毛穴にある老廃物や皮脂をアクネ菌がエサにして、そこから毒性のある過酸化脂質を出して炎症を起こすことによって発生します。

 

しかし口唇にはそもそも毛穴が存在しないので、ニキビが発生することはないんですよね。

 

この時点ですでに口唇ヘルペスとニキビに大きな違いがあるということが理解できるのではないでしょうか。

 

もし口唇にニキビのようなできものができてしまったようならニキビではなく口唇ヘルペスの可能性があるので注意したほうがいいかもしれないですね。

 

場合によっては一度医師に診察してもらって口唇ヘルペスなのかどうか確認するといいかもしれないですね。

口唇ヘルペスとニキビの見分け方とは?

口唇ヘルペスとニキビの見分け方画像

 

上記で示したようにニキビは口唇にはできないので、口唇に水ぶくれのようなものができていた場合には口唇ヘルペスの可能性が高いと思っていいと思います。

 

逆に口唇周りのあたりにあるようなできものの場合にはニキビの可能性があるということを知っておくといいと思います。

 

口唇ヘルペスの場合にはウイルス性の症状なので人からの感染によって発症します。

 

ただニキビの場合には普段の食生活だったり生活習慣によって発症することが多いです。

 

見た目では分かりにくい場合には、口唇ヘルペスにはピリピリしたような痛みや痒みが伴ってくるので、こういった症状がある場合には口唇ヘルペスの可能性が高いと見分けるようにするといいと思います。

 

ただ口唇ヘルペスとニキビには共通点もあるんですよね。

 

口唇ヘルペスとニキビの共通点とは

 

口唇ヘルペスとニキビはどちらも体調を崩しているような時に発症したりする特徴があります。

 

ニキビの場合には生活習慣が乱れていたり、睡眠不足やストレスなどで体に負担がかかっている時に発症します。

 

また口唇ヘルペスの場合には免疫力が落ちているような時に発症するので、どちらも体の調子が良くないときに発症するので普段からしっかりと健康ケアが大事になってきます。

 

さらにどちらも一度発症すると再発しやすい傾向が強いので、しっかりと予防していくことが大事になってきます。

口唇ヘルペスは特に予防が重要!

口唇ヘルペスは特に予防が重要画像

 

ニキビも問題ですが、口唇ヘルペスの場合には感染力が強いので人から人に感染するのが大きな問題です。

 

そのため口唇ヘルペスの場合には相手に感染させないようにする必要があり、発症するとかなり周りの人に気を使うことになります。

 

また症状によっては痛みや痒みなどがあったりして日常生活に支障が出てきたりするので問題です。

 

口唇ヘルペスは基本的に完治しないので、薬などで症状が治まるのを待つしか方法はないです。

 

そんな口唇ヘルペスですが、人によっては1ヶ月に何度も発症するという人もいるので、治すことよりは予防のほうが大事だといわれています。

 

基本的に治すこと自体は難しくないんですよね。市販の薬もあるし、そのまま放置しても数週間で症状は治まります。

 

ただ予防に関してはそんな簡単ではないんですよね。

 

当サイトではそんな口唇ヘルペスの予防に効果的な商品を載せているのでよかったら参考にしてください。

 

ヘルペスの予防専用のサプリはトップページを参照

 

ヘルペスの予防専用のサプリの詳細はトップページから

 

このエントリーをはてなブックマークに追加